ステーキ

珍しくガッツリしたステーキを頂きました。美味いっすよねえ、ステーキ。

 

ホント、ステーキ(素敵)(ベタベタな1スベリ)

 

いや、この「ステーキは素敵」っていうベタなダジャレがあるせいで、他の選択肢を考えるに至らないんですよね。「ステーキ」でダジャレ言わなきゃ!って時に、どうしてもこのダジャレが真っ先に浮かんできてしまうと。

 

「ステーキは素敵」がステーキれ(捨てきれ)ないんですよね。(やっと別の選択肢に出会えた2スベリ)

 

なので、まずはステーキに対する新しい発想をすべきと思い、食べ方を変えてみるのはどうだろうと考えたんです。例えば、ステーキソースでなく、酢をかけてみてはどうかと。

 

ステーキへの酢、提起してみたいと。(※味の保証はいたしかねます3スベリ)

 

もしくは、ステーキに対する意識を変えるため、ステーキ屋の株を買いまくって、提供する側の立場になってみるとか。

 

いわゆるステーキホルダー(ステークホルダー)になってみると。(4スベリ)

 

 

これくらい色々考えていけば、ステーキに関するダジャレにも幅が出るんじゃないかと思っています。出たかな?